• 熱処理組織について

    フェライト組織

    1種以上の元素を含むα(アルフ?。┾?、又はδ(デルタ)鉄固溶體のことで、Fe-C系では炭素を727℃で最大0.02%固溶します。結晶構造は體心立方晶であり、軟らかく、加工性に優れた性質を持っています。

    ページ先頭へ

    オーステナイト組織

    1種以上の元素を含むγ(ガンマ)鉄固溶體のことであり、鋼を高溫(通常900℃程度)に加熱した時に得られる組織です。結晶構造は面心立方晶であり、軟らかくて粘く、錆びに強く、磁石がつかない(非磁性)特性を持っています。安定して存在する溫度は、合金元素量により変化し、18-8ステンレスのように、室溫でオーステナイト組織の材料もあります。

    ページ先頭へ

    マルテンサイト組織

    焼入加熱時の、元のオーステナイトと同じ化學組成を持つ體心正方晶、又は體心立方晶の準安定固溶體のことです。
    オーステナイトを急冷した場合に、Ms(マルテンサイト変態開始)點以下の溫度で拡散を伴わずに変態して生じる針狀の組織で、硬くて脆いです。焼入れままのマルテンサイトは、非平衡で不安定な組織ですので、焼戻しを行って、適正な機械的性質を持つ焼戻しマルテンサイトに変化させます。

    ページ先頭へ

    ベイナイト組織

    パーライト(オーステナイトの共析分解によって形成されるフェライトとセメンタイト(Fe3C)の層狀集合體)が形成される溫度と、マルテンサイトが形成され始める溫度との間の溫度間隔で起こるオーステナイトの分解によって形成される準安定構成物で、炭素がセメンタイトの形を取って、微細に析出しているフェライトからなります。

    工具鋼の焼入時に空冷など、ゆっくりとした冷卻により現れる組織です。冷卻速度が比較的速く、およそ350℃~Ms點の間で生成するベイナイトは、針狀に近い下部ベイナイト組織となります。また冷卻速度が遅く、およそ350℃以上の溫度で生成したベイナイトは羽毛狀の上部ベイナイト組織になり、靭性が大幅に低下します。

    ページ先頭へ

    嗨娃餐饮管理有限公司